口下手なシュガーダディとのデートで気を付けるべきこと

口下手なシュガーダディとのデート

シュガーダディが女性に慣れていて、会話やコミュニケーションが得意な人ばかりとは限りません。

なかにはシャイで、口下手なタイプのダディも沢山います。

そんなダディとのデートでは、なかなか会話を盛り上げることができず、ベイビーが苦労する事もあるでしょう。

こんな時にはどうすればいいのでしょうか?

今回は口下手なダディとのデートで気を付けるべきことをご紹介します。

口下手ダディとのデートで苦労する場合は、是非試してみてください。

「分からない」は使わない

ダディが質問してきたときや、「○○って知ってる?」というように話をしてくれるときに、会話が即終了してしまうNGワードが「分からない」「知らない」という言葉です。

この言葉を言ってしまったが最後、会話が終了する原因になります。

こんな時は、「え、分からないから教えて?」「初めて聞いた!どういうこと?」というように、分からないものの、話が続くように気を付けましょう。

正面に座らない

正面に座って会話をするのは、実はハードルが高いことをご存知でしょうか。

人が会話をしやすいのは、隣や斜め横などに座っての会話です。

また、無音の状態だと気が張ってしまうので、BGMが流れているカフェなどで会話を楽しむなどの雰囲気作りが大切です。

口下手なダディとのデートでは、なるべく正面に座らず、少し騒がしいぐらいの場所でのデートがお勧めです。

沢山質問をしてみる

ダディにとっては、仕事や趣味の話が会話をしやすいのですが、ベイビーは聞いていても興味がなければ楽しくありません。

そんなつまらない会話の時は、できるだけ沢山質問をしてみましょう。

質問をすることで、ダディはあなたが自分の会話を楽しんでくれていると思います。

困ったときはボティタッチ

会話がなかなか続かなくて気まずい時の最終手段は、ボディタッチなどのコミュニケーションです。

言葉に頼らないコミュニケーションで親近感を得ることで、会話を頑張らなくても良いというリラックスした空気にする事ができます。

最後に

コミュニケーションは二人でするものです。

ダディが会話をせずに無言になってしまい、ベイビーばかりが頑張って話を広げようとするのは、実はあまり良くありません。

それによってダディはあなたの存在に甘えてしまい、デートではあなたばかりが頑張ることで始めて成立するようになってしまいます。

時には無言になってもフォローせず、ダディに頑張ってもらうようなタイミングを作ることも大切です。

何事もバランス、あなたばかりが頑張る必要はありません。

過去に「シュガーベイビーに必要な「相槌」テクニック」や「シュガーベイビーに必要な「会話」テクニック」などを紹介してますので、是非こちらも参考にしてみて下さい。

このカテゴリーの関連記事

上質な出会いを応援するマッチングサイト

素敵なシュガーライフをお楽しみ下さい。詳しくはこちら