シュガーベイビー活動がうまくいかない女性の口癖

シュガーベイビーの口癖

シュガーベイビーとしての活動が全くうまくいかない女性が、ついつい言っている口癖があります。

もしかするとあなた自身も、自分では気づいていないだけで、普段使ってしまっているかもしれません。

「でも」「だって」という言葉

美人でスタイル抜群の素敵な女性なのに、シュガーダディとのデートが1回しか続かないシュガーベイビーがいます。

彼女はダディから見ても素敵な女性ですが、なぜか不思議と縁がありません。

実は彼女の口癖は「でも」「だって」なのです。

せっかくダディがほめてくれても「でも私なんて」と自分を卑下してしまったり、何か注意された時に「だって○○さんが」と人のせいにしたりと、「でも」「だって」という言葉が口癖のベイビーは、人間としての魅力が少なく見えます。

このような相手とのデートは楽しめず、そのせいでどんなに美しい外見でもダディとの縁が続かない場合があります。

美しい女性が口にする言葉もまた、美しくありたいものです。

「でも」「だって」が口癖のベイビーは、意識して使わないようにしていきましょう。

投げやりな言葉

「分からない」とか「知らない」という言葉は、正しい時に使うには問題ありません。

知ったかぶりをする必要のないシーンで、「知らないから教えてください」という分には構いません。

ですが、投げやりなニュアンスで使ってしまう、「分からない」や「知らない」という言葉はNGです。

この「分からない」「知らない」は、ダディがせっかく広げようとしてくれた会話を終了させてしまいます。

会話を盛り上げるには、分からないときは「分からないので教えて頂いてもいいですか?」というように、ダディに教えを乞うようにすると、会話も広がり楽しめます。

最後に

シュガーダディとなかなかお付き合いに繋がらないシュガーベイビーは、自分がデートの時にどのような口癖を言っているのかについて、注意をしてみましょう。

一緒に居ても楽しいと思ってもらえていないことが、原因かもしれません。

あなたの口癖が「でも」「だって」と自分を卑下するようなものであれば、聞いているほうも最初のうちは「そんなことないよ」とフォローしてくれるかもしれませんが、それが毎回続けば疲れてしまいます。

一緒に居て楽しいと思ってもらえるベイビーになれるよう、自分の外見磨き以外にも、素敵な会話ができるように努力しましょう。

過去に「シュガーベイビー活動で陥るスランプと解決法」なども紹介してますので、是非こちらも参考にしてみて下さい。

このカテゴリーの関連記事

上質な出会いを応援するマッチングサイト

素敵なシュガーライフをお楽しみ下さい。詳しくはこちら